×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SITEMAPABOUT US

CHAPTER 6 ダイアトニック コードの機能

主要和音とその代理コード

ダイアトニック コードは、類は友を呼ぶ的に3種類に分類できます。似たもの同士の集まりです。すなわち、構成音に共通性がみられるという根拠の分類です。

EX-10 ダイアトニック コードは3種類に分類される

キー=C ダイアトニック コードの機能
機能トニック(T)サブ ドミナント(SD)ドミナント(D)
主要和音CFG7
代理コードEm7Dm7Bm7♭5
Am7

ディグリー ネーム ダイアトニック コードの機能
機能トニック(T)サブ ドミナント(SD)ドミナント(D)
主要和音TWX7
代理コードVm7Um7Zm7♭5
Ym7

本編で使用するコードフォーム拡大画像
ハイポジションのギターコードフォームは→「ギタ掘り!」で登場するギターコード一覧

この3種それぞれリーダーがいて、「主要和音」や「スリー コード」などと呼ばれています。そして、リーダーの代役を果たせるコードがそれぞれに分類されます。「代理コード」と呼ばれているものです。

7つのコードにローマ数字を振っておくと、後々キーC以外のコード進行の理解を深めるために役立ちますので、ここからシンボルとして使用することにしましょう。
これを「ディグリー ネーム」といいます。楽曲を弾く時などにこのディグリーを意識することを習慣づけておくと、それぞれのコードがどのような機能を持っているか瞬時に理解できるようになります。また、移調(キーを変える)などを行うときに使用すると便利です。