×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SITEMAPABOUT US

CHAPTER 1 マイナー スケールとコード

B 主要和音と代理コード

マイナー キーの全てのダイアトニック コードが出揃いました。
メジャー キー編で行ったようにマイナー系ダイアトニック コードを主要和音(トニック、サブドミナント、ドミナント)とその代理コードに分類してみましょう。もちろん、ここでも分類の目安は主要和音と代理コードの共通音です。

EX-6m マイナー3系統のダイアトニック コード 機能分類

Tonic sub Dominant Dominant
主要和音 Cm7 Fm7 G7
CmM7    
代理コード EM7 Dm7♭5 Bdim7
Am7♭5 AM7 Gm7
AM7 B7 (Bm7♭5)
  F7 (Eaug)
  Dm7  

Tonicsub DominantDominant
主要和音Tm7Wm7X7
TmM7  
代理コードVM7Um7♭5Zdim7
Ym7♭5YM7Xm7
YM7Z7(Zm7♭5)
 W7(Vaug)
 Um7 

「ギタ掘り!」で登場するギターコード一覧

さすがにダイアトニック コードが15個もあると機能の仕分けもボリュームありますね。
表の代理コードは上から使用頻度の高い順に並べてあります。また、カッコのコードはほとんど使用されていません。
AM7(YM7)はトニック、サブドミナント両方の機能をあわせ持っていますが、どちらの機能に属すかは前後のコード進行により決まります。

注目してほしいのはサブドミナントで、これらのコードはマイナー キーに限らずメジャー キーにおいてもサブドミナント マイナー コードとして頻繁に転用されています。
トニックはこれらのコードを転回形にして連続して並べ、クリシェとしての使用がよく見られます。(特に古い曲に多い。かといって、筆者が古い人間で古い曲を多く知っているわけではない。)
ドミナントはG7(X7)のみの使用がほとんどです。また、G7(X7)−Bdim(Zdim)の代理関係をセカンダリー ドミナントに転用するやり方も多くみられます。